スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇色に輝く黄金」第十一回

日本のマッサージチェア最高ですね!

タダでできる日本の家電屋さんも最高!

こんにちは、さいだーです。


人気のない平日にプラプラしたついでに、デラックス最高マックスなマッサージチェアをフルコースで堪能していると、まぶたを閉じたその先に数人のマッサージ師が浮かんできます…。



闇色バナー


オンラインゲーム「ドラゴンズドグマオンライン」での、白竜が堕ちて覚者が数多く誕生する以前のお話を、各地に残る手記や残留思念の言葉などを元に考え、メインストーリーで語られなかった背景などをより深く探っていく、題して闇色に輝く黄金」。


今回は第十一回です。

第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回第九回第十回|



白竜が墜ちた後、世界各地は混乱を極める。




~~~

 “すりきれた革の手記



白竜様が、まさかこんなことになるとは――


王都からの連絡は途絶え、もはや北地の


状況はまったく解らないらしい



ハイデルの海岸に白竜様が墜ちたという情報が


入り、慌ただしく騎士団全員が移動の準備を


始めている



ドリードの護りはごく少数になるようだが、


これからどうなるのだろうか


もし、そこを魔物の群れに襲われるような


ことになれば――

~~~





唯一だった覚者(王)が亜竜へと変貌し、白竜を守ることができるのは騎士団のみ。


ドリード城の守護よりも大事な任務のため、騎士達はハイデルに向かう。


堅牢だったはずの騎士団本部は、人手不足により隙だらけに。


その後は、現状を見れば分かるだろう。



ドリード 



~~~

神官長の日記



あぁ、どうしたことだ――


白竜神が墜ち――そして都が消えるなど



もはや我々もここを守る意味はない


いそぎ白竜神のもとへ駆けつけ、そう、


動けぬ白竜神のため、ハイデルに休息の場を


ご用意しなければ



我ら神官は白竜神と共にあり、傍にてお仕え


することこそ本分


新たな神殿を、今一度我々の手で――

~~~




禊の神殿でも「白竜墜つ」の報は届き、神官達は慌ただしくなる。


彼らもドリードの騎士達と同じくして、白竜の元へと駆けつける。


そして、かつてゴルゴランが白竜に心臓を捧げた神殿も、人が寄り付かなくなっていった。


少し前までは、新人覚者が誓いを立てる儀式が行われていたようではあるが。


vlcsnap-2016-09-18-18h50m42s212.jpg 



~~~

地縛思念のつぶやきが聞こえる――”



力を減じた二竜が並び――


魔物が跋扈し――


ディアマンテスの生死は不明――



オークの臭いがかしこに漂い――


大勢の覚者が生まれた――



それが我らの世界――


それが我らの時代――




世界の腐敗を止めるのは――


竜が認めた真の覚者か――

~~~




飛べなくなった白竜は、弱化した加護の代わりに大勢の覚者を生み出す。


我ら覚者は、邪悪にそそのかされたオークを牽制し、竜に力が戻るまで世の理を正し、長き命の目で人の行く道を見つめる。


その中に出現するといわれる「真の覚者」は、竜を超え、次代の竜となる存在となるのか…。




以上、十一回目をもって、「闇色に輝く黄金」の本編は終了です。

あと数回ほど「番外編」がつづく予定です。

ひとまず、御覧頂いてありがとうございました。

では、また!
スポンサーサイト

「闇色に輝く黄金」第十回

ジャスティス! カレーメシ食べました。カレーヌードルにご飯入れたみたいな感じでした!

こんにちは、さいだーです。


おなじメーカーだけあって、カレーの味は一緒。



闇色バナー


オンラインゲーム「ドラゴンズドグマオンライン」での、白竜が堕ちて覚者が数多く誕生する以前のお話を、各地に残る手記や残留思念の言葉などを元に考え、メインストーリーで語られなかった背景などをより深く探っていく、題して闇色に輝く黄金」。


今回は第十回です。

第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回第九回




ディアマンテスは、1つの種族を滅ぼし、1つの都市が消し飛ばされる原因をつくり、さらにレスタニア全体を危機にさらそうとする最悪な男だった。


でぃあまんてす 


~~~

思念体のつぶやきが聞こえる――”



混じり合う命と石と鋼――


この床の固さは命の強さ


この壁の輝きは命の瞬き



命と物の融合は禁忌の技


王が禁じ、竜が禁じた


しかし彼は密かに続けた



闇を照らす黄金の輝きに


彼の心は魅了され――

~~~




誰に禁じられようと、彼の探究欲は抑えられることはなかった。


  


~~~

思念体のつぶやきが聞こえる――”



邪悪の正体王の腹心


錬金術を為す忠臣――



だから王は信じた



王は真実を知らず


友の言葉を信じた



野心をまとった錬金術師――


その言葉も秘術の賜物か



虚飾に満ちた言葉が照らし――


哀れ我らの王は


闇の中とは知らず――

~~~




ディアマンテスは、ゴルゴランを懐柔する。


vlcsnap-2016-09-18-19h01m52s118.jpg 


彼は、巧みに心の隙間に入り込む事を得意としていた。


のちに至り、覚者となっても未練を残す女を堕とすことくらい、容易なことだったろう。

  




~~~

思念体のつぶやきが聞こえる――”



邪悪を知った時――


しかし時すでに遅く――



命で満ちた灼熱の炉――


炉からあふれしエルフの魂――



輝きを浴びて王は竜に――

~~~




竜王の指輪を持ち、竜力を増幅されたゴルゴラン王は、金の亜竜に。



vlcsnap-2016-09-18-19h13m53s140.jpg 



~~~

地縛思念のつぶやきが聞こえる――”



黄金郷の黄金は地中より来し黄金にあらず


それは無より生まれた黄金



最初は鋼から――


次は石から――


最後は無から――



永遠の輝き――


無限の繁栄――



約束された豊かさに人々は酔い――


彼の野望を見過ごした――

~~~




無からの黄金の錬成。


それはこの世の理から完全に切り離され、全ての不可能を可能にできることの証。




~~~

地縛思念のつぶやきが聞こえる――”




無から有を生み出すこと――


因果の超越――


その具現、不老不死――



錬金の究極の目的は


人間の営みを拡大すること――



しかし、錬金を尽くした男――


ディアマンテスは知っていた



竜の世界の理は――


人間の飛躍を今以上許さぬことを――

~~~




白竜は人に加護を与えると同時に、人の術に一定の制限を課している。


その限界まで到達したディアマンテスは、白竜を「人の可能性を潰す存在」と認識したのだろう。




~~~

地縛思念のつぶやきが聞こえる――”



ディアマンテスは竜を超えんと欲した



白竜がその野心を知っても


錬金術師は諦めず――


好機到来とほくそ笑んだ



錬金術師は王に説いた――


竜の横暴を――


人が支配する王の世を――

~~~




竜を超えるためだけであれば、自身が竜になっていたのかもしれない。


ディアマンテスには他に目的があった。


竜を堕とし、力を奪い、究極の目標を




~~~

霊薬師の手記



よし、ヒエニムスの論理なら実験は


次の段階へ移行できる


あの魔物の錬魔であれば、我らの十分な


戦力となるだろう



そして、不死の霊薬が安定さえすれば


いずれは我らが長も――

~~~




世界を支配し、永遠の命を手に入れ、この世の理を思いのままに…。


自ら描いた理想の世界にするため、全ての力を我が手に。




今回は以上となります。

「闇色に輝く黄金」第九回

今年の月見バーガーはちょっとイマイチでしたね。

エグチでいいです。

こんにちは、さいだーです。


年に数回しかマックには行かないのですが、安いと思うメニューと割高なメニューがあって純粋に好みで選ぶのがなかなかできず、いつも決まったのになりがち。



闇色バナー


オンラインゲーム「ドラゴンズドグマオンライン」での、白竜が堕ちて覚者が数多く誕生する以前のお話を、各地に残る手記や残留思念の言葉などを元に考え、メインストーリーで語られなかった背景などをより深く探っていく、題して闇色に輝く黄金」。


今回は第九回です。

第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回|第八回|



魔獣アングルスにより、エルテ・ディナンに残っていたエルフたちは壊滅する。




~~~

古き思念の声がする――”



わが故郷は汚された――



恐ろしき魔獣により――



奪われ――


錬成された同胞の命――



灼熱にさらされ――


悪しき者の――力に――

~~~



angls.jpg 



竜、しかも魔法を使えるそれは、高度な知能を持つ生物。


で、あるならば、異界から届く「甘い誘惑」の言葉も理解できうる。


たまたま偶然、の災厄ではない。


おそらくあの男がそうさせたのだ…。


愚かなるオーク達と同じように。




~~~

古き思念の声がする――”



魔獣は愉しんでいた――



疲弊した命の再生を――


削れた命の研磨を――


より善き命と交換を――



邪悪は微笑んで誘う――



すべてを奪うために――


約束された種族から


未来を奪うために――

~~~




偶然であったとしても意思が働いたとしても、どちらにせよ、長命を誇る種族は全て狩られた。


この世に残ったのは、永遠の輝きのエネルギー。




~~~

古き思念の声がする――”



我らの使命――


大地の歴史を見聞し――


後の世に伝えること



だが、我らの無念はいかに伝えよう――



まこと憎きは禁忌の術者――


目を向けよ――


邪悪を見逃すな――

~~~




ディアマンテスの罪は計り知れず、今(物語開始時)に至ってもそれは重く積もっていく。



~~~

メルゴダの繁栄と滅亡について



白竜の覚者たる賢王ゴルゴランの下、


錬金研究の長ディアマンテスの施政により


人々は豊かな暮らしと富、強き兵力を手に入れ、


王都メルゴダは栄華を極めた



しかしある時、王は忽然と姿を消し


同時期にメルゴダ王宮は黄金の霧に包まれた



霧から天へと飛び立ったのは、黄金色の竜


黄金の竜は、大いなる白竜に戦いを挑んだ


白竜と黄金竜との戦いは熾烈を極め、白竜の


勝利で幕を閉じることとなるが、その闘いのさ中――



人々もろとも、王都メルゴダは大地ごと


レスタニアから消失し、一夜にして滅びた



《大地の傷跡》その暗き深淵こそが、


かつての繁栄の中心地なのである

~~~




都ごと消し飛ばされてもなお、竜の理に反抗し執念を燃やし続ける男。


そこまで男を突き動かすのは、一体何か…。


今回は以上です!


いんたーみっしょん。の2?

日中に蝉の声が聞こえなくなったのは、台風のせいか秋のせいか…。

朝晩涼しくなってくるといいですね。


こんにちは、さいだーです。

今回はゲームに関するグッズのご紹介。

といっても、もともとはゲーム用じゃあないです。

それに、自分自身につかうものだったり。

本来の使用方法じゃないけども…。

ともあれ、最初にお見せしましょう。


コクヨ メクリン M+L各10個入り ¥494(執筆時)
 
71nZawKYttL_SL1000_.jpg 


そうです。元々は「指サック」の部類に入るもの。

先端が開放型で通気用の穴も開いていて、ムレも軽減できて、透明なので仰々しさもなし。

無色タイプもあります。http://amzn.to/2c75Ax4



これをどうやって使うの?というと、指に装着してグリップを増大させるのですっ!


名称未設定-1 

とりあえずDDONに絞って言うと、ブルーのLサイズは左手親指に、ピンクのMサイズは両手人差し指につけて滑りを防いで、保持するときの力を軽くするのです。

左手親指はLスティックなので、激しい移動やダッシュのL3押し込みからの倒しキープとかで効果アリ。

指にかける力が少なくて済むので、長期戦のボスや修練の繰り返し移動とかに便利。


人差し指はL1R1です。

こっちはスキル発動でつかうので、これまた長期戦のときに有効。

ですが、親指に比べるとなくても大丈夫かも。なくらいの効果。


あとは、弓系のシュートやシーカーのロープ投げとかのために、右手中指につけるのもアリです。

押しこむ時にグリップがあると、ちょっと楽になります。

特にPS3のコントローラーは引っかかりがないので、効果は大きいのじゃないかと。


反対に右手親指はつけないほうがいいです。

こっちは○✕△□ボタンを押す動きなので、指に何かつけていると違和感が大きいのと、押した感が少し薄れるのが理由。

押すだけならグリップは要らないですからね〜。


劇的に疲労軽減にはならないし、キーボードを打つのも少し違和感が出るかもなので万人にはオススメできません。

でも握力が人より低く、腱鞘炎持ちであるあたしには、すこしでも楽になるグッズは予防のためにも必要なものだったりします。


そのへんの事務用品売り場にも置いてあると思うので、興味がある人は探してみては如何でしょうか?

では、また!

P.S.
PCでペンタブレットを使っている時にSサイズX3とかをペンに巻くと、グリップが向上して握りが楽になるそうです。
こっちの用途のがあたし的には大きいかもw

「闇色に輝く黄金」第八回

DDONのメモ書き用にノートを買うものの、もったいなくて裏紙で済ます貧乏性なあたし…。

こんにちは、さいだーです。


イベントとかのチェック用だと、残しても意味が無いのでノートじゃなくてもよかった…。

書き残すことがあったら使おうかな…。



闇色バナー


オンラインゲーム「ドラゴンズドグマオンライン」での、白竜が堕ちて覚者が数多く誕生する以前のお話を、各地に残る手記や残留思念の言葉などを元に考え、メインストーリーで語られなかった背景などをより深く探っていく、題して闇色に輝く黄金」。


今回は第八回です。

第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回




黄金竜が現れた後、白竜が堕ち、オークたちが勢力を拡げ始めた。




Dragons Dogma Online__459 





~~~

地縛思念のつぶやきが聞こえる――”



空を二竜が舞った


錬成されたいびつな竜――


その翼は黄金色――



やがて二竜は共に地に落ち


竜力を減らし――



台頭したのは愚かなオーク



そのオークに滅ぼされし我が故郷――



いや――


オークを愚かと誰が笑えよう――



エルフの悲劇と我らは呼ぶが――


後世は――


自業自得と断ずるだろう――

~~~




オークは里に残るエルフたちを襲った。


なぜ脆弱な人でなく、エルフを?


白竜の加護が弱まってのち、まっすぐにエルフを狙うオークの目的はいったい何か。




~~~

オーク語だろうか、歪んだ文字らしきものと


図が紙に記されている


図からして、命の器とアークのようだ――

~~~





白竜に異空間に飛ばされたディアマンテスはどうやってか、遠く離れた愚だが力のあるオークたちに知恵を与えたのだろう。


「エルフを捉え、その命を集めれば、永遠の命を得られよう。」




Dragons Dogma Online__463 




彼はその才を駆使し、元の世界に戻るための計画を着々とすすめる。




~~~

葉紋の手帳



――あぁ、残された我らにはもはや


絶望しかない



いや、絶望がまたも――訪れた



オークを何とか退けたというのに


ごくわずかしか残らぬ我らの、最後の一人まで


喰らおうというのか



今残された我々に、あの蒼白い角竜を退ける


だけの力は――

~~~




オークに奮戦したエルフたちに、災厄が


これもディアマンテスの計のなのか。




~~~

破れた薄緑の手帳



――あぁ、ここにまで白い災厄


叫びが聞こえる



今の、残された我々だけであの災厄に


立ち向かうことができるのか



魔道弓を携え、アーマへ向かうべき


時か否か――

~~~




レスタニアの魔物達には、異界の錬金術士から執念とも言える思念が送られていたのかもしれない。


「エルフを一人残らず、捕らえるのだ…。」


第八回・終わり

今回は以上です。
このページのトップへ
プロフィール

さいだー★

Author:さいだー★
以前は「PS@HOME」で遊んでました。
ギリギリ水瓶座のA型
「鬼斬り」を経て、今は「DDON」の住人です。
最強とか最新を避けるへなちょこプレイヤーです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
はじけるオススメグッズ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
33409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11442位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード